· 

関本昌平先生

今年で3年目となる、関本昌平先生のピティナピアノコンペティション課題曲セミナー。今日もステキな音色と、爽快な切り口で課題曲の演奏ポイントを聴かせてくださいました。良い音の出し方、響かせ方、表現が難しい域に入ってくるC級あたりは、演者自身のセンスや能力が不可欠であるなと改めて思いました。関本先生の指先は毎音に対して変わるので、間近の席から見られた今日はいつもにも増して勉強になりました(*^^*)