· 

ご家庭での練習

お母さまに練習で見ていただいたと、宿題の曲を弾いてくれた生徒さん。いつもの一人の練習よりも楽しく、心強い時間だったのがわかる演奏でした(^-^)  練習→レッスン→練習→レッスン…この繰り返しが単純になりすぎないようにするには、練習時間がご本人にとって有意義であってほしいなと思います。「難しいところ何度もやっていて偉かったね」、「曲が止まらずに最後まで聴けて素敵だったよ」、「毎日必ず練習していて凄いね」など、ピアノの詳しい事がおわかりにならない親御さんでもかけて頂ける言葉でよいのです。是非毎日の小さなエールをたくさん贈って頂けたらと思います。