· 

奏でる楽しみ

一週間のレッスンが終わりました。講師は毎レッスンでお一人お一人の課題や成果を見ながら、次へのステップをどんな風に進めていく事がベストか考えたり、時には指導方針に悩むこともあります。ですが、やはりピアノ道は、奏でる本人が楽しめる練習やレッスンであることが一番大切であるとに考え辿り着き、第一には笑顔で頑張れるレッスン時間を心がけています。色々な表現や、技巧はもちろんきちんと学ぶべきですが、奏でる楽しみを感じられる"心のゆとり"をもって弾いてもらいたい。