· 

幼児期こそ

年少、年中、年長と、園児期は一年一年が大きく成長していく発達めざましい時です。身体だけでなく、心も頭の中もたくさんのことを吸収してきている栄養のおかげで豊かになって行きます。ピアノ指導を通して感じるのは、音楽を傍らに育ってきた子どもたちは、大変頭が冴え、個性光る考えを持ちながらも、調和を大切にすることを学んでくれている気がします。当教室には現在、2歳になったばかりの生徒さんからいらっしゃいますが、頭の柔らかいこうした幼時期から、たくさんの音楽を通して、今から学べることを限りなく吸収してほしい。そして豊かな人生を送れる素敵な大人になってほしいと願っています。