· 

それぞれのかたち

主に、りとみっくクララにいらっしゃる月齢くらいのお子さんは、まだまだ文字の判別や、外部の大人からの声がけ内容へね反応が難しい年頃です。現代では家庭での早期教育導入が早く、体験レッスン等で驚かされるような発達を目にすることもございますが、いずれ幼児、学校教育で学ぶことばかりですから、家庭それぞれのかたちがあり、焦ることは全く必要ないと思います(^-^)  2歳だからはこのくらい出来ないと、3歳にもなったらこのくらいは当たり前…知能や器用さにそうした線引きは全くありません。親の焦りは子どもに移ってしまうもの、幼児期は心身ともに安心させてあげたいなと思います。ピアノ教室はピアノを教える場ではありますが、レッスンの中や係りで私が伝わっていったらいいなと考えているのは、家庭内と他所での行儀的なもののちがい、気持ちのよいご挨拶やお返事の大切さ等、簡単なことからでも礼儀礼節を知り、守り、素敵な大人になってほしいなという気持ちを根底に持っています。この場所はただの通過点かもしれませんが、一つ一つの出会いに有り難い気持ちで過ごしたいと思います。