· 

Ave Verum Corpus K.618

秋の夜長に聴きたくなる曲のひとつ。人の声であるからなのか、旋律がなのか、引き寄せられます。Ave Verum Corpus