· 

とまらない、あせらない

音楽は流れが大切です。譜読みからはじまり、自然にその曲が紡げるようになるまでの練習。その練習時間は長短でなく、その曲の流れを感じながら弾く意識をしているかが重要です。
身体もかたいままではなかなか流れはつくれません。表情や気持ちをお見受けしながら、焦らず良い方法を探していきます。